三宅 blog

miyakeblog.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 29日

招待者アリジャン

10月のnbsa+×÷2に、
アフガニスタン難民のアリジャンを招待しています。

こられるといいのだが。

難民認定を求めて裁判中の身です。

社会のシステムというのは、人間が作ったものだから
どうしても不備があって
不運な歪みの犠牲になる人が
必ず存在してきました。

日本の法務省や外務省の思惑が複雑に入り乱れる国際問題でもあるから、
難民問題に一概にコレという安易な答えは出せない。
結果、やたら待たされる。

出口のない宙ぶらりん。

社会市民としての権利を何も保障されないまま、
「居てもいい」が「仕事はしてはいけない」とか
小学生の喧嘩レベルの理不尽な条件を突きつけられる。
働かないで、どうやって生きていくというのだらうか?
保険もないから、お金がないと病院にも行かれない。

結果、無断で働くとそれを理由にある日突然「拘留」される。
刑務所の何倍も人間性を剥奪される無機質な施設で、
無期限に拘束されている人が、ものすごい数いるわけです。

何ヶ月、何年、何十年。
気が狂ってしまう人もいます。

ほかに道はというと、
政治的状況や主義信条から「命に危険を感じた」からこそ
逃げ出してきた母国に帰れ。
ということ。

これは、日本の入国管理局は遠まわしに彼らに対して「氏ね」と言ってるわけであります。



状況を説明するしかできないので、
我々に何が今すぐできるということもないのだが、
とりあえずアリジャンという存在を通して多くを知ることができます。

昨年踊り狂ってたクルド人難民の若人たちは、
その後国連の難民認定を得ながらも
日本政府によってトルコへ強制送還されて軍隊に強制入隊させられているラモや、
いまだに品川だか牛久だかに拘留されているアリチカンなどなど。

ただの陽気な若者たちですよ。
サッカーとか踊りにやたら熱い。

政治っちゅうのは、マクロな視点が致し方ないわけであるが、 
ミクロな心情を押しつぶして成り立つようなものであってはならない。



JICAの若松、村田コンビや学生NGO風の会の池上くんたちによる展示ブースも
予定しております。

意義ある人生と物事の深みを何時までも追いかける
そういった類のライフタイムトラベラーの皆さんには、
本当の意味で「楽しんで」もらいたいので、
いろいろ感じたり考えたりして、
スピリチュアルな「お土産」をたくさん持って帰ってほしいと思っています。

街に転がるいろんなリアル。
それが集まったモザイク模様みたいなものかもしれません。
nbsa+×÷とは。

惜しみなく提示していきます。
nbsaはショーじゃありません。
僕らという音楽の周りの数多の「生き様」なんです。

その一人が、アリジャンでもあったりして。

難しいことだが、
別に難しく考えなくても
何が正しくて何が間違いかは
誰にでもわかる。

紋切り型の善悪の二元論じゃない。

簡単なんです。
問題は、此の世には人の痛みがわかる人とわからない人がいるという事です。

後は、この日は「踊るだけ」なんです。
そうした瞬間の積み重ねが、人生において大事なんです。

現実直視しながら、ファンタジーに生きるのが、ベストです。
人生とは、そんなものであったらいいと思うのです。

いろんな人生がフロアで交錯する事に、一番意味が在る!!
[PR]

by dogggystyle | 2005-09-29 08:03
2005年 09月 28日

答は藪の中 1

此処一年あまり、火曜日といえば「テレビの日」だ。
我が家では「テレビの日」か「すぺしゃ行く日」という。

かよが「あれ?洋平明日すぺしゃ行くだよ!」といわれて初めて「今日が月曜日」と認識していたくらいだが、近頃では身体が火曜日を覚えた。

曜日とか時間の概念を一度無意味に捉えてしまった経験があると、集団行動が苦手になる。
ゆったり落ち着いて生きたいが、最低限協調性がないと話にならんわけで、
スペシャのVJやるようになってから、少なくとも「火曜日」は覚えた。

ライブがよくある曜日だから、
なんとなく「金曜日」と「土曜日」はイメージとしてある。
「火曜日」はそのアンニュイな存在感とともに、
最近の僕にとっては欠かせない曜日になっている。






今年の四月からSTUDIO GROWNは「1時間」に拡張されたから、
それまでよりも影響力が増してきて、
なんだか一回一回の生放送でとてもエネルギーを消費するようになった。

確かに、ブラウン管の向こうからは「ゆるい」番組にしか見えないかもしれないが。

自然体でいるにしても、何万人が観てる前で台本無しにしゃべり続けて1年。
よくぞ無事だったと思う。

それなりに気を使うのである。

テレビには、差別用語などなど、言ってはならない用語がある。
法律はないが、業界的な自主規制がある。
といって、それを文書化すること事態が差別行為だから、マニュアルがない。

だから「放送禁止用語」ってやつは、実にやっかいである。

言っておくが、僕はこの世のあらゆる価値観と存在を等しく感じられる自分を信じている。

差別用語という概念自体が忌まわしい。
幸運にも外国に生まれて、差別された経験もガッツリある。
さらに日本へ帰ってからのほうが差別されたと感じているから、
それがどれだけ傷つくものかは理解しているつもりだ。

前に生放送中に「マイルスが一番キチガイだったころ」
ってほめ言葉のつもりで言って、後でそれがNGワードだったことを知った。

芸術家にとっては、「キチガイ」など褒め言葉の最上級のひとつである。

別に苦情は入らなかったが、
スタジオの空気が凍り付いた感じが忘れられない。

「あ。俺なんか言ったんだな。」
って感じで。

文脈でニュアンスを判断してほしいところだが、
そういう融通の利かないところが「決め事」なのである。

毎回がライブな点では、まさに犬式のライブと同じようなものである。
ライブには禁止用語がないから、気楽でいい。

なんでも「初めて」が一番刺激的だから、台本は要らない。
別に「テレビの人」じゃないから。

再放送ではNGワードに「ピー」音が入るから、
ネット上で「三宅は何を言ったんだ?」って騒ぎ立てるのは人の性だろうけど、
自分が当の本人だと「別にたいしたことは言ってないよ」って感じで。
憶測で話が進んでいるのを観て、
話がぜんぜん違うほうへ行ったりしてるのを眺めながら、
デマに踊らされるこうした社会性を旨く利用する音楽業界や広告業界、
戦争国家や選挙の在り方などを考えることしばしば。

1ヶ月テレ朝観続けた人と、
1ヶ月TBS観続けた人とで、
どれだけ考え方が変わるか。

人間。かくも信じやすきもの。

そのわりに街に溢れてるのは不信感ばかりだ。

真実などというのは人格が60億通りあったら、
60億通りしかないのに、
ひとつを求めて人々は何かに群がろうとする。

自分の見つけたものや感じたものを、
もっと疑い、彫り、見えなくなるまで見つめて自問自答した後に
それらの燃えかすをみつめながら宇宙の中にぽつんと居る自分と
現在もほぼ光の速さで膨張している宇宙の縁を対比して感じて、
同一化して感じて、云々、
そういう果てにみつけるのが真実の出発点だと思う。
(そこにクリエイション、創造的なエネルギーが介在すると「表現」になる。)

答は藪の中。
人の数だけ、真実は存在する。
[PR]

by dogggystyle | 2005-09-28 02:04
2005年 09月 20日

京都から下山

ここ2日間ほど、京都に居た。

ファンキーソーダというはちきれバーが、
10周年ちうことで、
周り中のお店が一体になって宇津峡キャンプ場で祝った。

犬式の演奏をfeat.元晴(SOIL&"PIMP"SESSIONS)でやった。
何度かDJブースもお邪魔した。

京都のリアルアンダーグラウンドマッシブは、やたら元気だった。
ありとあらゆる音楽が夕方から朝まで谷に鳴り響いたが、
犬式のあとのサイケデリックトランスに違和感がない
奇妙なダンスだった。
サウンドシステムが良かったのだが、システムのクルー名を忘れてしまった。
あのシステムで、思いきり土っぽいダンスを開いてみたい。
キープコンタクト、また御会いしましょう、あのシステム。


京都の地下街の人々は、
かなりオリジナルな気質で、
近くても大阪なんかとはまた質を異にする「濃さ」があって、
まるで吉祥寺にいるみたいだ、とすら思った。

あと、こういう馬鹿がはじけられる場を提供する地域が凄いと思うた。

エニウエ。
FUNKY SODAコバP、たーちを始め、各店の皆様お疲れ様でした〜。


写真:今回は慰労の意も込めて奥さんと風雅も同行。元ちゃんを操縦する風雅。
c0009950_22142395.jpg

[PR]

by dogggystyle | 2005-09-20 22:14
2005年 09月 10日

自然に在ると

素の自分をさらけ出すと
勘ぐり屋のキノドクさんに
「嘘くさい」と言われる。

そういう彼や彼女が僕は嫌いだ。

演じないでステージに立って
感情をさらけ出すと
それが外人アーティストだったら「凄い」になるが
日本人の僕がやると
「嘘くさい」と彼や彼女は言う。

そういう人が奇妙なまでに多い、日本のそういう所が僕は気の毒だ。

冷めてんのが、
そんなにカッコイイのか?
賢いフリするなよ。
小賢いつもりでいた学生時代に、俺も思い当たる節はあるが。
恥ずかしいから、そんなものはとっくに放棄した。

恥も照らいもなく真っ正直に思いを述べるから、
そこにはボケも笑いもないが、
少なくとも嘘はついていない。

じゃがたらの江戸アケミが唄った。

ニホンジンテクライネ
セイカクガクライネ

故に「お笑い」が流行る。
根が暗いから。

コメディとは違う、
知性の無い笑いが最近は増殖してる。
ただ笑って。
後には空虚が襲いかかる。
テレビなかったら、笑えないのかい。

ダイレクトでリアルな事を
素直に受け取れない。

小知恵が身について自分を「賢い」と自惚れた人ほど、
血をみせようとしない。

そういう奴ほど適度に世渡りが上手。

絶対にね、それじゃ良く無いと思うよ。



血の騒ぐやつに、賢くなって欲しい。
俺も手挙げてっから、そういうやつにこそ手挙げて欲しい。

じゃないと、この寒い国家は、変わらんよ。
海の外も、変えられんよ。


僕が嘘つきじゃない証拠。
嘘つきのイメージマスコットは、
こんな事をブログには書かないだろう。

誠実さ。
それこそが、今日本のアーティストに求められていることだ。

イメージ戦略で、大衆を煽動しても
人生の実りにはならない。

抑制の効かない感情だからこそ、
「アート」する意味がある。

それを貫いてる奴が、一体どれだけいる?

賢いふりして、浅知恵でクールぶってる奴が
なんだか世の中動かしてるように見えるが。
そういう現在の風潮に、終止符をうちたい。

素直が一番です。
みんな、生まれた時にはこの笑顔。
バチッ★

c0009950_393476.jpg

[PR]

by dogggystyle | 2005-09-10 03:14
2005年 09月 08日

福岡の帰り道

左:けえり道に撮った福岡の港。洗練された街です。
右:ライブ直後の疲れた身体に優しい運転で空港まで送ってくれたタスマン君と犬式一同。空港にて。
c0009950_2324520.jpgc0009950_2325761.jpg
[PR]

by dogggystyle | 2005-09-08 02:35
2005年 09月 08日

ライジングサンと福岡

7月31日の富士ロックに始まったフェス巡業は、先日9月4日の福岡サンセットで終わりを告げた。

各フェスが地方色を滲み出していて、各々に感慨があったのだが、サンセットは「人々の解放具合」が最も強かった。海、浜、太陽、スコール、南国気質、水着、そして音楽。どちらかと言うと山のフェスが精神的な昂揚を促すのに比べて、サンセットのような海のフェスは肉体的な「血の昂揚」とでもいうべきものを感じた。

まず、今回のサンセットが犬式として、そして僕と言う個人が人生において初めて九州に上陸した記念すべき機会であったことをお知らせしたい。

次に、サンセットで出逢った素晴らしき友人を紹介したい。

ビーチステージとパームステージの間の出店空間にある特設ステージで「BMXショー」を繰り広げていた福岡のBMXクルー"QEST CREW"(クエストクルー)にビガップ!!

到着した2日目の夕方、とりあえず場内を散策がてらQEST CREWのステージとも知らないまま「ちょっくら腰をかけてビールを飲んで」いたら犬式へッズのレディス&ジェントルメンに御挨拶いただきまして写真なんぞを撮っているうちに、ひとしきり皆さんが去ってから後ろのステージから粋のいい男児の声が。
「あ!!犬式だ!ちょっと挨拶してくらあ。」

余りの粋のいい声に、振り返りざま僕はすでに手を差し出していた。

久家の大仏こと久家英和。23歳。
プロBMXクルー QEST のライダー兼マネジャー。

その相棒坂田精二。同じく23歳。
世界ランク4位。日本で3位。

二人ともチカッパイ(超)目がギランギランしてて、とにかく活きがいい。
ルードボーイだが、間違い無く「男の道」を外さない誠実さが香る。
バカ。馬と鹿を呼んで笑い飛ばそうか(loop junktion 山仁)。
そして、賢い。
「熱く」なるとバカが賢さを上回って、とんでもない成功か、失敗をする。

ビバ☆福岡。

俺が想像していた通りの熱い奴らにいきなり出逢えた。

酒飲んで、色々熱い思いと馬鹿話を交互にして、結局
「明日の犬式のステージで、技をみせてくれ」
という依頼をすることにした。

「俺に弟が居たら間違い無くこういう奴だ」
と、感じるくらい「血」の近さを感じたからだ。「熱い」男であることが半ば自嘲気味に語らないとウザがられる東京に慣れていたので、「熱い」ことが「当たり前の美徳」とされている九州男児の観念に「日本に俺の居場所を感じた」ような嬉しさが込み上げてきたからだ。

馬鹿な喧嘩もするかもしれないが、ネットのディスり合いや足立区で起きる類の陰湿な殺人や暴行よりは「お天道様」の下でカラッとやってる感じがするし。
「粗野」かもしれないが、「マナー」はたいがいの奴が知ってるように思った。
一見、物腰は丁寧だが、人をリスペクトする事を知らない信用のならないバビロン人よりも彼等のほうがずっと人間らしく、そして自然で誠実に生きている。

ビバ☆九州男児。

そっちに行く時はまた仲間に入れてくれ。



翌日、演奏当日。
豪雨の中でのダチャンボが終わった。
それは、神掛かっていた。
ボーカル&ギターの青くんが「恵みの雨だ」と叫んで始まったライブは、バケツをひっくり返したような南国のスコールの中で本性をむき出しにした観衆と完全にテンションが合致して、降る雨が昇るように見えて俺はステージ裾で踊り狂った。
オーガニックでサイケ、そしてパワフルなジャムロックバンド。
人力グルーブ選手権では、おれたちと覇を競うであろうバンド。

あー らぞくも此処で観てーなあ。
そうも、思った。

そんで俺らの番。
また雨がやんだ。
富士ロックもそうだった。

始めにひと波起こしたら、
あとは会場の力強いバイブスの中を快適にライディング。

最後の「ビレッジバンガード讃歌」の中盤ダブパートにて、
QEST CREWから久家大仏と精二を呼び込んだ。
「雨でスリッピーだから技は禁止」の指令がステージスタッフより出されていたが、奴らはキッチリとキメていた。ガッツ。はみ出し。それでいいぞ。そしてゴメンなさい。

初めての福岡で、「ホーム」を感じた。
男も女も、粋で活力に溢れた人ばっかりだ。
みんなセクシーだ。そして神聖だ。


来年は、3日とも滞在したいものだ。
かよと風雅も連れて行きたいものだ。



演奏して3時間後には飛行機が発つというハードスケジュール。
一息ついて、御会いしなければならない大事な人達に挨拶。
もちろん、QEST CREWの皆々ともがっちり握手して、足早に会場を去った。

帰りの車は、タスマン君の快適なドライビングと台風の近付く壮大な夕景色。
横浜と神戸を足して2で掛けたような福岡の街は、洗練と熱さを兼ね備えた「今まで観た事のない日本の景色」だった。
実際のところ、まだ都心部には上陸していないから、ストリートのリアルは次回以降じっくりと体験していきたい。
QEST CREW、その際はよろしくナ!

でもって、10月22日、23日と浅草で大会があるため、QEST CREWは上京するそうなので、お近くの方は是非犬式の兄弟を応援しに行こうじゃありませんか。
俺も22日は確実に行くつもりなので(彼等の出番が23日でなければね。23日は群馬のど熱い
やつ、スペースサファリ主催mija君の目出度い結婚式なのだ!)。

更に21日の晩には、クルーを吉祥寺に案内しようと思ってるから、吉祥寺のライフトラベラーの皆さん一緒に遊ぼうぜ。

帰りの車でスペシャの岡さんより「ドノバンフランケンレイターが"INUSHIKI !! INUSHIKI !!"って大絶賛してくれたよ」との電話が入り、共感するアーティストからのリスペクトにアガる。
サンセット、また来年も宜しく!!
九州の皆さん、末永く宜しく!!

写真は
左:サンセット2日目終了後の花火「こんなんでおわらしよったら承知せんぞー。まだまだ音楽やらんかいーー!!」と叫ぶ観客の弾けっぷりに「九州」を感じる。
右:QEST CREW
c0009950_1363325.jpgc0009950_2225295.jpg
[PR]

by dogggystyle | 2005-09-08 01:34
2005年 09月 02日

サンセット最終練習終了

明日の昼便で、福岡に向かいます。
俺、九州さんちにお邪魔するのが人生初なんで、ドキドキしちょります。

サンセットに向けた最終練習がさっき終わりました。

すでに今日から開幕しているサンセット。
どげん具合ですか?
盛り上がってますかー?!!

俺は今から吉祥寺DJBAR CHEEKYの店長アビーの誕生日を祝いに2時間だけ廻しに行きます。明日飛行機に遅れると大変なので終電であがりますが。


福岡の皆さん、日曜日は強烈なバイブスでいこうぜ。
犬式はこれが今夏の「フェスじまい」になるから、ブッかますでよ。
よろしゅうに!!!!!!!       ☆
[PR]

by dogggystyle | 2005-09-02 20:44
2005年 09月 02日

nbsa+×÷人物列伝

nbsaもあと39日ちうわけで、
gooさんのほうでnbsa参加アーティストたちが続々と書き込むブログを開設させてもらうことになりました。

そこで、とりあえず昨夜から「犬式洋平」版が先陣を切ってスタート。

nbsa人物列伝!!

これしかないでしょう。

今宵からnbsa参加アーティストを紹介していきます。
あくまで、俺の独断による「犬式洋平から見た」人物像ですから。

これを完読してから10月9日を迎えると、
「主観が飛び出す3Dステージ」がお楽しみいただけます。

http://blog.goo.ne.jp/nbsa-inushiki/
[PR]

by dogggystyle | 2005-09-02 02:29
2005年 09月 01日

nbsa.info

nbsa+×÷ vol.2
10月9日 渋谷O-EAST
15時ヨリ


8時間転換なしノンストップの桃源郷。

nbsa.info

gooにて、色んなやつが語るnbsaブログ始まりました。

本日も、熱く会議ル運営スタッフら。
左から Cro-magnonシゲ、後ろにkeyco、犬式マネ柔術家氏、keycoマネホッコリー氏、犬式洋平。
c0009950_4191568.jpg

[PR]

by dogggystyle | 2005-09-01 04:23