三宅 blog

miyakeblog.exblog.jp
ブログトップ

2005年 05月 05日 ( 1 )


2005年 05月 05日

高崎ー上田 音のプロビンチア紀行

4月30日
群馬県は高崎のクラブフリーズにて「スペースサファリ」に出演。
mija君1人で興したイベントも、前売り400枚が完売する一大パーティに。
今回は頼もしいクルーに支えられて、より可能性の大きさを感じるイベントになってました。パーティ終盤をHIFANA、犬式の吉祥寺勢が飾る。何気に、これが初共演だったりするのでした。DJでの共演とかはあったんだけど。

そして、高崎のブースの魔王をみつけてしまいました。
DJ YO 氏。この人がかけるジャングルに出番前からフロアで揚がってしまいました。是非とも、今度徹頭徹尾にて廻していただきたいものです。

高崎のオーディエンスは、ジャンルを選ばない極めてアグレッシブな感性の持ち主たちで、このエリアが新しく音のホットゾ−ンになる可能性と環境の存在を感じた。熱いイベンタ−、熱いオーディエンス、東京よりもパーティに適した環境、野外イベントも可能にさせる自然環境。地方の人は発想がダイナミックだから、それが手法において洗練されてきたらローカルから色とりどりの炎が燃え上がるだろう。そうなったら、日本の音楽は本当に面白い。独自性満載の多種多様のシーン。

写真 サファリクルーと、打ち上げニテ。
c0009950_226068.jpg


5月2日
長野県は上田ロフトにて、「山音響震」に出演。これは、夏の恒例となりつつある上田の野外フェスティバル<上田ジャズフェスティバル>の主催者であるところの白石トシゾウ君が、地元の夜の恒例行事にしようと始めたjazzy なjam band blissed (ex. Boogaloo Bash!)主催のパーティ。前回はクロマニオン、今回は犬式を上田に呼び、次回は誰をチョイスするのでしょうか?

ちなみに上田ロフトの店長でもある DJ 吉池麻咲(ecrair) も、上田のブースの魔王だった。高崎の DJ YO 氏といい、今回は素晴らしいDJに出会えた旅でもあった。こうした各地の魔王を一同に介した「超人オリンピック」というイベントを開催したくなりました。

そして上田、マジでいい所です。食い物も空気も人も全部豊かです。上田ジャズフェスは東京からも程良い距離で、長野近辺を2、3日旅行がてら立ち寄っていただくとかなりナイスな時を過ごせるでしょう。8月5日に僕らが出演(他にはコパサル−ボ、ソイル)、6日はクロマニオン、keycoなどが出て、7日には椎名純平 & THE EVIL VIBRATIONSが決定している。もちろんトシゾウのblissedも出る。

昨年出演した際には地元上田市の人々の予想以上の盛り上がりぶりが、終盤の豪雨のパワーと融合していった様は、上田城が見下ろすロケーションと相まってある種の奇跡を引き起こしていた。母袋(もたい)市長も、えれー盛り上がってた。上田行ったら、おいしい蕎麦を食べていきましょう。感動します。

写真 白石トシゾウ氏。イベント前の居酒屋ニテ。
c0009950_2354952.jpg

[PR]

by dogggystyle | 2005-05-05 02:45