三宅 blog

miyakeblog.exblog.jp
ブログトップ

2005年 03月 17日 ( 1 )


2005年 03月 17日

プロフィ−ル

                 ★
c0009950_22374983.jpg    三宅洋平        
    1978年ベルギー生まれ。1985年、阪神タイガース優勝の年に日本帰国。 ロックバンド 犬式 の歌人にして詩人。音楽と、サッカーを愛する。と、同時に親父の代からの虎キチでもある。

早稲田大学文学部にてビート文学、自然主義に開眼。
幼少より親しんできたロック音楽と、その思想的バックボーンとなったアメリカ文学の要素が結合。 在学中の1998年、ボーダーレスなロックバンドDogggystyleを結成。
2002年、株式会社リクルートの営業職を1年で退職して音楽に専念。
インディーズから2枚のマキシシングル「犬式」「飛魚」を相次いで発表。
2003年、ビクターエンタテインメントよりミニアルバム「レゲミドリ」でデビュー。 独自のレゲエ音像を根幹としたロック精神でオリジナルの境地を強かに示す。
2004年、より自由な表現の場を求めて自主レーベル「プロビンチアレコーズ」を設立。 マキシシングル「月桃ディスコ」を発表。
2005年、バンド名を 犬式 に改名。5月、初のフルアルバム「LIFE IS BEATFULL」 をリリース予定。

2004年7月より、スペースシャワーTVにて「スタジオグロウン」のVJを担当。
(毎週火曜日18:30ー19:00生放送中!)
歯に衣着せぬ明け透けな態度と発言でロックとフリーダムを体現。人気急上昇中。

ニ−ル・ヤング、ルー・リード、トム・ウエイツといったリリシストの系譜に名を列ねる。 また、1997年元クラッシュのジョ−・ストラマ−との出会いは、生涯貫くであろう パンクな精神性の素となっている。 ボブ・マーリ−に象徴されるレベル(REBEL:反逆的)でラブ&ピースを臆面なく表現する ルーツロックレゲエのアティテュ−ドはまた、三宅洋平の表現の数多ある主体の最たるものとして語られることが多い。 全ての道を振り返ると、そこにはジャック・ケルアックが立っている。 将来は、曹洞宗の禅を修めたいと思っている。

自ら主催するイベント「徹頭徹尾」「NBSA+×÷」も、日本文化のひとつの歴史を刻みつつある。

音楽、サッカー系フリーマガジンへの執筆なども盛んに行っている。
フットサル誌「COPA」、「DEPON」などなど。

犬式ホームページ http://www.dogggystyle.com

                  ★
[PR]

by dogggystyle | 2005-03-17 22:52