2005年 02月 10日

祝・北朝鮮戦勝利

さすがは韓国の同胞、同じ朝鮮民族である。
北朝鮮は強かった。
想像していたよりも全然うまかった。
足腰の強靱さと戦闘的で強いハートは、
日本人の及ぶところではない。

リハンジェ(広島)とアン(名古屋)のJリーグプレイヤーは特に、
クラブチームでのプレーを見てみたい衝動に駆られた。
全然注目していなかったけど、凄い躍動的なプレーだった。

一方で、日本代表はある意味で、海外組がやはり段トツにうまいのを
実感した。
中村と高原は途中出場ながら、土壇場の勝ち越しを呼び込んだキープ力は
光っていた。
キープ力の高い選手は、相手が1、2回かわされていくうちに
「あ、こいつうまいなー。容易に飛び込めないっすー。」
ってなってきて、1対1の局面で相手が飛び込むかどうかを躊躇しだす。
この一瞬の判断の遅れを利用して、どんどん自分の展開に持ち込んで、
やりたいプレーをしてしまう。
サッカーにおける駆け引きの、一番基本の部分なんだけど、
中村俊輔はこれに関しては世界でもトップクラスだ。
高原は兎に角、フィジカルが整ってきた事を強烈に印象づけた。
あとは、ハンブルガ−で途中出場に慣れていた経験が、今回は生きた。
ドイツに戻ってから、スシボンバー爆発するんじゃないだろうか?

小笠原は頑張ったけど、あれが今の彼の限界なら、中村、中田英寿には
勝てないだろう。
競り合い、プレス、ドリブル、全てにおいて「あとつまさき数センチ」
っていうレベルでの「ぐい」ってどうにかしちゃう、そういう強さが
海外組に比べて少ない。
多分それって、ある種の「怪我を恐れない」で突っ込んで行く
強いメンタルの事なんだと、俺は思っている。
もう少し、泥臭くなったら、小笠原は凄く良くなる。
彼こそ、フランスリーグとかでやったら楽しみなんだが。

何はともあれ、勝つ事が全ての予選初戦。
勝って良かった。

そして今回の事が、今まであまり身近に感じる人の少なかった
在日朝鮮人の立場への理解に果たした役割は大きいと感じた。
マスコミ各社も、国内の反応を日本人と在日朝鮮人の両面を
きっちり報道していたのが、良かったと思う。

日韓ワールドカップが日韓の心理的距離をぐっと縮めてくれたように、
北朝鮮との関係において、今回の試合と次回平壌での試合が
大きな楔になってくれたら、サッカーを愛する者としては嬉しい限りだ。

そんな政治的な可能性をすら、感じさせてくれた接戦は、
色んな意味でナイスゲームだった。

サッカーって、本当に素晴らしいですね。
それでは、サイナラ、サイナラ、サイナラ。
[PR]

by dogggystyle | 2005-02-10 23:43


<< 砂      婚姻届けを出すと >>