三宅 blog

miyakeblog.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 16日

oh!sumo!

田舎から上京してきた両親にかみさんを初めて会わせる日。
雪混じりの雨、両国国技館。

妊娠8ヶ月で初お目見え。

ああ、俺もまだかみさんの実家に電話してないな。
明日電話します。

色々進めていかないといけない事がありまっせ、マイライフ。

いやしかし。
やっぱり横綱は凄かった。
朝青龍。

いや、朝青龍関。

気迫も、肉体も、身のこなしも、全てが輝きに満ちていました。
そこに至る努力と才能、ひとかけらの運。
そういったものも重要なのだが、
何よりも今、横綱でい続けるという事が凄いと思いました。

そしてまた、横綱でいるという事が更に、彼を他者とは次元の違う世界へと
誘っているのだと、感じました。

横綱で在るという境遇、その責任や自覚が、何よりも彼を更に頑強な
精神世界へと導いているように見えました。

異端児で、やんちゃ坊主で、横綱としての資質を問われて
賛否両論が渦巻く中で、
それでも彼を横綱にした事は相撲協会の大英断だったのではないでしょうか。

横綱になった事が、彼を本物にさせたのです。

土俵入りでの摺り足ひとつ取っても、地を這うような滑らかで力強い動きは
神々しくさえありました。
結びの一番、相手の琴欧州は時間いっぱいになるまで横綱と一度も
目を合わせていませんでした。

いち男として、完全にやられてしまいました。
憧れです。

音楽というフィールドで、
しかし男道としては同じ土俵で、
あの域に達しないならば生まれてきた意味が無いと、
焦りました。

24歳朝青龍。
中田英寿以来の、僕のライバルが現れました。

まだ全然完敗です。

意を新たに、今日から精進します。

ウス!
[PR]

by dogggystyle | 2005-01-16 00:44


<< PEACE BELL LIVE...      謹賀新年 >>