三宅 blog

miyakeblog.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 14日

世にも不幸せな物語

今漫喫にてDVDを一本見終わったところ。
(ハイファナのリリースパーティのリハと演奏の間にずいぶんと時間が空いていたもので。)

ご存知の方も多いだろう。
『世にも不幸せな物語』。

机に噛付いてる赤ちゃんのシーンを宣伝で見て
「風雅みたいだ」と、可愛くて気になっていた。



純粋にファンタジックなハリウッド映画だが、
『LIFE IS BEATFULL』
で俺が表現していることとの合致に驚いた。

この映画は、痛烈なメッセージを表現している。
裕福で苦労知らずのアメリカや日本の子供たちにこそ味わってもらいたいものだ。
両親を亡くしたボードレール家の子供たちの冒険と教訓を。

人生は「不幸」に満ちていたとしても、
それを解決する勇気と知恵と努力さえ失わなければ、
それは「幸福」なのかもしれないという提示。
 (人生は、よきにつけ悪しきにつけ、ビートに満ちている。
 どのみちそんなもんだから、進んだり戻ったりしながら
 力強く、ビートを刻み続けていこうという提示。=常にポジティブでなくてもいい。)



時代が「豊か」になればなるほど
「不幸を知らぬ者」が多くなっている。

こういった人々や、その子供たちは
「小鳥や妖精の出てくる楽しい映画」に安らぎを得る。

だが、厳しい「現実」に襲われながらも
その中にこそ
例え小さくとも「楽園」を築こうとベストを尽くすという
その行為こそが、そういう生き方こそが
人間が有史以来続けてきた
もっとも価値ある努力だと讃えることができるのではないだろうか。

大草原の小さな家。
家族の肖像。

たとえば、そんなようなもの。


「不幸」も「人の痛み」も知らぬ者が
平気で他人の心や体を蹂躙している世界で
一番恵まれていないのは誰だろうか?

もはや良く知られたエピソードだが、
我々犬式を発掘した熱き男の死は、
我々にとってその後大いなる励みと糧に姿を変えて、
犬式の背中を今日も後押ししつづけてくれている。

俺が言いたいことが、誰かの死を望んでいるとか、
そういうことじゃないことだけは、
必要ないだろうが、
ことわりを入れておく。
そうじゃない。



ネット上で、リスペクトの無いディスり合いを繰り広げる
オムツのとれたばっかの子供たちに言いたい。
「嗚呼、汝他人の痛みがわからんのか」。

すべての「無垢な幸せ」を堪能する皆様に。

せめても、
ささやかな不幸が訪れますように。


でわ、ライブしてきます。
ROOMで、nbsa+×÷アフターパーティも開催されています。
[PR]

by dogggystyle | 2005-10-14 23:16


<< お知らせ      nbsaも終わりて >>