2005年 08月 30日

選挙

ナンニシロ、人々が選挙に関心を持つのはいいことだ。
小泉首相の功罪も色々あるが、これは功のほうと言っていいだろう。

無党派層どころか、無投票層だけで、自民党倒せる数なんだから。

レゲエ聴く人、ファンク聴く人、ソウル聴く人、ラップ聴く人。
そういう人には臆面もなく「ラブとピース」が感覚として分かってるやつが多いから、日本の政治の血にこういう人々の血が交わったほうが絶対いい。

関心もって、新聞とかニュースみて、「郵政民営化」が何かを知ることは、
学歴に関係なく誰にでもできる勉強だ。
そのうえ、そういう事を通して無意識に感じていた「世の中の不条理」とかが見えてきたりしたら、益々その人には知的な益となる。

目覚めろ、無知な人の知性。
それが日本を救う。

自分が早稲田大学を卒業して、リクルートっていう世間じゃ「エリート」と呼ばれている会社で務めて、それを辞めて今表現者として生きて来た経験から言わせてもらう。

学歴は関係ないが、知識は自由への鍵だ。
(ユーリノルシュタインが全く同じことをNHKで言ってた。
ユーリノルシュタインはチェコだったかロシアだったかのアニメーターである。)

そして、学歴や受験の競争社会に飲まれていない人のほうが、心を脳みそに侵食されていないぶん、ナチュラルに正しさを兼ね備えていたりする。
そういう人にこそ、自分を語る言葉を持って欲しい。
エリート大学出のやつにしか入れない官庁街を、変えて欲しい。 


選挙が矛盾と嘘に満ちているから「嫌い」だ。
もしくは上記の理由で政治は嫌だ。
と言っている人へ。

政治とは、争いを暴力や戦争以外の方法で解決するための手段である。
だから、人間社会やその存在そのものがこれだけ矛盾に満ちているのだから、
それは当たり前のことである。
だから、それは政治を嫌いになる理由にはならない。

農民と商人では利権も利害も一致しないのは当たり前で、
それを暴力じゃない、かつなるべく公正な争いで調整つけようとするのが、
政治なのならば、全く違う言い分たちを公正に判断して、
自分の意見を間違いを恐れずに述べるのが「投票権」を持っている者の義務だ。

で、放棄することは一見気は楽かもしれないが、
全部を他人に決められて、あとで文句を教室の後ろのほうでブツブツ言い合ってるのはどう考えても得策ではない。

「政治なんて」って思ってしまうほうが正しい感性だ。
あの内臓悪そうなおっさんややたら目がギンギンのおばはんどものものだけにさせたらいけない。
だからこそ、「政治なんてくそッ食らえ」っていう人達の感性が今必要とされているのだ。

ところで、「政治が良く分らない」人が多いのは何故だろう?
それはその人が最低限の知識を持ち合わせていない場合も多いが、
一方で「わざと分らないようにしている」というのも多分にある。

党首会談。
ヒドイねー。
プレゼン能力0。
笑いとして見ても0。
天然ボケだけ。
政治家って、天然じゃないとなれないよなー、とか思いつつ。

言いたいのは
「言いたい事を万人に分かりやすく伝える準備をしてこい」
という事。
大学生一人が一晩でできることすらやっていないというのは、
「わざと分らないようにしている」としか考えようがない。

人情政治とそれで動く爺婆の政治には飽きた。
そういう時代、そういう日本に嫌悪感が募り募る。
本当に、あるべき社会の姿を模索する、万人の価値観と生きざまを認めた上で成り立つ社会を目指すことを諦めない、そういう政治であるべきだ。
真の人情ってな、そういうこった。


で、投票日はいつなんだっけ?
誰か教えてくれさい。あしからず。
最近「今日の曜日もワカラネ−−−−−」くらい忙しくてなもし。
頑張れギターウルフ(『冷蔵庫ゼロ』:参照)。
[PR]

by dogggystyle | 2005-08-30 02:19


<< nbsa.info      お休み >>