2005年 07月 13日

世界旅行ノススメ

世界はどんどんグローバルになっていく。
全地球的に、包括的な世界になっている。

良くもない!

悪くもない!

ただ、時代の流れという濁流が人々を飲み込んだ。



という考え方もあるが、
しかし東京の西の外れの東小金井のあばら屋で
おぎあーおぎあーと泣く赤ん坊の声に包まれて

政治と、経済が
地球をダメにした。

という風にも見える。




だがとにかく、
さらに問題なのは
厳然たる事実として
異常なる速度で繋がってしまった世界が
目の前に横たわっているにも関わらず

人々の考えがまるでそれに追付いていないという事だ。



3軒となりの御近所さんから醤油を借りてくるみたいに
国境線を3つまたいだ国から当たり前みたいに食料を買って来て、

隣町の米屋さんにプロパンガスを届けてもらうみたいに
石油タンカーが行ったり来たりしてるっていうのに、

誰もあちらやそちらに目を向けるどころじゃなくて、
寄り目になるくらい 目の前の現実だけ見て生きてる。
 


2丁目の奥さんが亭主にひどい目に合わされて顔を腫らして駆け込んできたが、
一緒に連れてきた子供ごとそれを追い返してしまった。

(難民問題のことだ)


もし「日本」て奴が友達だったら、言ってやりたい事が山ほどあるんだが。

やっかいな事にそれが自分自身でもあるという現実があって。


長嶋茂雄氏を起用してCMを作りたいと思う。
「地球儀、ありますか? 頭の中に。」



若者なら、気力と体力のある限り「世界旅行」をするべきだ。
それも、ちょろっとツアーで行って「○も見た。△も見た。」
って、「行った」と「見た」の事実を
4泊5日で積み重ねる観光旅行だけじゃなくて

そこの人、もの、価値観の本質に恐れずに飛んで入って
喧嘩したり殺されそうになったりしながら、
仲のいいやつも悪いやつもできて、
最後は涙出そうな別れがあって、
年に一度は手紙を出す。

死ぬまでにもう一回会おう、って心に決めてるやつが
世界のあっちこっちにいて。



だから俺は世界の何処にも爆弾は置けない。
[PR]

by dogggystyle | 2005-07-13 18:31


<< パブロ・アイマール      風雅生まれて100日経ちました >>