2005年 07月 08日

文豪体

離ればなれだった二人が
ひとつになる
するとグローバルさが失われる


離れた所にいる人を想うと、世界の見方が広くなるものだが
それが突然同じ所に集中するものだから
気がつくと近視眼的内宇宙をミクロに掘り下げているような
そういう暮らしぶりになる


あるモード一点に集中せざるを得なかった事情も諸々あるにはあるのだが
さすがに虫眼鏡の焦点が焦げてきた煙りの匂いにハッと我に返って

夏の朝日の昇る東のほうを
結構久し振りに見上げたら
世界が2倍に拡がってた



大家のおばあちゃんの話じゃ
小金井あたりの地面は武蔵野台地の厚い岩盤の上にあるから
地震がきてもなかなか平気なんだそうだ
[PR]

by dogggystyle | 2005-07-08 07:12


<< ロンドン      夏徹頭徹尾への誘い >>