三宅 blog

miyakeblog.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 18日

育児筋が痛い

なんのためにブログを綴るのか?
それは記録のため。
そしてはばからず言うと、共感が欲しいからだ。
あとは、育児をまだ知らない同世代に対するパイオニア意識。
だから、俺の書いてる地図はコロンブス並に間違っているかもしれない。

だっこ筋が痛い、ていうのはたまに聞くだろう。

今朝がた、ひさしぶりにとれた4HOURS睡眠を断ち切ったのは
おむつからはみ出すほどの大ウンチ騒動。
御本人さまが一番不快じゃろうて、おお怒りになられてました。
抗って怒る天才の男女から生まれたわが子は、
それはそれは怒ると凄い。マッカッ赤になって。

かよ奥様がお風呂に入れて、俺が片付ける。
かよ奥様が乳あげてなだめて、俺がベビバス掃除する。
身体や心が目覚めてようがいまいが、兎に角現実は襲ってくるから、
いつもは使わない眠ってる筋肉を呼び起こして身体を動かす。

生後3週間。
うちに帰って来て1週間。
育児筋が痛い。
筋肉痛。

でも慣れてきた。

可愛いからがんばれるんでしょう?
って言うけど。
確かに、すやすや眠ってるのとか、アイイって笑ってるのとか、
食べそうになるくらい可愛いけどね。
でも、全然寝させてもらえないでいる夜に(しかも明日はスタジオ!)
泣きモンスターと化してアギアーーーってなられてると、
外におっぽり出したくなる時だってあるわさ。

ただ、ギリチョンの頑張りが日一日と積み重なていくにつれ、
それが風雅への愛情と自分への愛情とかよへの愛情が複雑に織り込まれていって、
箱根駅伝のタスキみたく途中で途切れさせられない何かになっていく。

これを10年、15年とやっていくと、それは途方も無くかけがえの無いものになっていくのに違い無い。
c0009950_11193100.jpg

[PR]

by dogggystyle | 2005-04-18 11:24


<< 過ぎ去りしBEAT PUNKの時代      昨夜はZEPPでADF >>